北海道という環境が、つくりだす可能性。

社会福祉法人わらしべ会

〒065-0042札幌市東区本町2条6丁目4-1

Tel:011-783-0606 Mail:sawarasibe@cyber.ocn.ne.jp

  札幌わらしべ園

(厚別事業所)

  厚別事業所では高次脳機能障がいや知的障がいのある方を中心に、日常の生活支援を行うと共に、様々な活動を取り入れながら、最終目標の就労につなげていけるようお手伝いを行なっています。
身辺動作は自身で行えるものの、生活の組み立てが難しい方へ、1日の生活の道筋を立てて行く為のお手伝いをしています。作業活動や運動活動を通して様々なスキルを獲得していける訓練を行なっています。

 

 

 

■実施事業
・生活介護事業

 

■生活介護事業
●対象/障がいのある方
【身体・知的・精神/区分認定3−4の方を中心に対象としています。】
●定員/20名(1日)
●利用日及び利用時間/月曜日から金曜日9:30~15:30
【ただし、年末年始は年末年始はお休みしております。】
●実施区域/札幌市(原則)
●利用料金/サービス利用にかかる自己負担分
・光熱費・送迎費(実費)・給食(実費)・その他
●送迎/ご希望される方はご相談ください。
●活動内容
①運動
ハンガリーで考案された訓練法を実践しています。リズムにあわせて手足を大きく動かします。
臥位や座位、立位、歩行など1時間ほどプログラムを行います。
この訓練法はヨーロッパやオーストラリアなど世界で幅広く実践されています。
②学習
計算・書字・パズルなどを行っています。
形の認知や集中力を高めるなど目的を持って活動しています。
トランプやかるたなどゲーム感覚でできる活動も取り入れています。
③製菓活動
週に1度、お菓子作りをしています。現在「ポガーチャ」というハンガリーのお菓子を
中心に行っています。チーズを使ったお菓子で利用者さんの大好きな一品です。
何度作っても同じように美味しく、見た目も揃うよう、練習を重ねています。
ポガーチャをマスターすれば、新たなお菓子にも挑戦する予定です。
④作業活動
厚別事業所のすぐ横で畑作業を行っています。初心者ばかりの集団なので、
ご近所の方にアドバイスを頂きながら手探りで、活動しています。
これまで石拾いから耕したりして、ようやく作物を植えて収穫を行っています。
庭にはプルーン・梅・アロニアの木もあります。綺麗な花が咲いていた季節も終わり、
果実の成長が待ち遠しいです。
⑤その他
公共交通機関を利用した実習や買い物、調理実習などを行っています。

 

 

 

 

 

●行事/季節にあわせた行事を計画しています。
花見・日帰り旅行、買い物外出、忘年会、新年会など
●基本日課
9:30  朝の会 利用者の皆さんの体調の確認、活動予定の確認など
9:45  午前の活動/運動課題・学習活動・健康づくりなど
11:30  調理/昼食サラダ作り
12:00  昼食
13:00  午後の活動/学習活動・作業活動・余暇活動など
15:30  終わりの会/1日の活動確認・まとめ

札幌わらしべ園 厚別事業所


共同生活介護事業(通所)
住 所/〒004-0068
札幌市厚別区厚別西2条2丁目1番23号
電 話/011-376-0106 ファックス/011-376-0140